京都での外壁塗装・屋根リフォームなど施工実績多数

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください!0120-35-6406 受付時間10:00~21:00
メールでのお問い合わせはこちら 24時間受付
現在の位置 : ホーム > 外壁塗装リフォーム > 外壁塗装の必要性・こだわり

外壁塗装の必要性・こだわり

こだわり1. 「バイオ洗浄」でしっかり汚れを落とします!

高圧洗浄中

外壁の汚れの70%はカビ・藻類などの微生物によるものと言われています。 その汚れが残っている場合、新しい塗料と塗装面がしっかりと密着してくれません。

そうなると・・・
最悪の場合、汚れていた部分から塗装がめくれてしまうことがあります。

以上のようなことにならないように、サンコウホームでは「バイオ洗浄(オリバークリーナー)」を標準仕様にてご提供しております。

バイオ洗浄は、通常の高圧洗浄では落としきれなかった0.01mmにも満たないピンホール(穴)に潜んでいるカビ・藻・旧塗装面の汚れを徹底的に落とします。

汚れを綺麗に落とすことで、塗装面と塗料がしっかりと密着し、塗料の性能持ちが格段に良くなります。

洗浄効果は高くても【オリバークリーナー】は、人体植物等にも影響がなく、塗装面・ガラスなどにも傷をつけません。また作業中、周辺への臭いも配慮されているため、2次災害の発生を防ぎます。

こだわり2. 色を変えての3回塗りで、塗り残しを見逃さない!

確実に3回塗りしているので色落ちなし

上の例は少し大げさにしてありますが、中塗りと上塗りの色が同じだと、どれだけ腕の良い職人さんでも塗り残しができてしまいます。同じ色だと、どこまで塗ったのか区別がつかないので仕方がないことです。

塗り残しを防ぐため、サンコウホームでは中塗りと上塗りの色の違いをつけて塗ります

完成したすぐの仕上がりは同じように見えますが、ちょっとした工程の違いが数年後に現れます。
工程毎に色を変えることで、きちんと3回塗りしていることをお客様にもご確認いただけます。

こだわり3. シール工事は「ノンブリード」というものを使います

シール工事

シーリング剤には、ノンブリードタイプとそうでないものに種類が分かれています。
では、ノンブリードタイプを使わなければどういったことになるのでしょうか?

市販品やノンブリードタイプではないものは、表面に可塑剤が移行し、塗膜面に塵・埃などが付着します。
それがやがて黒ずみ・シミとなって、美観を損ねる原因となります。
そのため、可塑剤が入っていない、塵や埃が付着しにくいノンブリードタイプが必要となります。

サンコウホームでは乾燥が速く、塗料の密着もいい、ノンブリードタイプを使用しています。

年月が経っても塗膜に影響を与えずに綺麗な状態を長持ちさせます。

工事内容としては地味な箇所ですが、こういったところをしっかりと施工しないと、後々後悔することになってしまいますので、ご注意ください。

こだわり4. 各工程の写真撮影を行います

外壁塗装中

外壁塗装の各作業工程の写真撮影を行い、完了時には撮影した写真をお客様にお渡ししております。
これはお客様に安心して仕事を任せていただいている理由の1つでもあります。

ちゃんと見積り通りの塗料を使っているか、ちゃんと洗浄できているか、3回塗っているか、などご確認くださいませ。

細かいことではありますが、こうしたところをお客様から評価していただき、年間数十棟の工事をホームページから受注させていただいております。

こだわり5. 各工事を専門職人が行います

屋根塗装中

専門職人が行うというのは、一見当たり前のように思えるかもしれませんが、実情は異なります。
一般的な塗装店やリフォーム店では、塗装職人が足場を組んだり、コーキングを行ったりと様々な業務を兼任させる業者が少なくありません。

これはコスト削減の意味もあると思いますが、請け負い業者にとって管理が楽なことが一番大きな理由でしょう。

しかし、これは言葉を変えると「丸投げ」と言うことになります。

塗装職人が安全な足場が組めるでしょうか?
大事なお宅に傷をつけずに、ばらす事ができるでしょうか?
綺麗なコーキングが打てるでしょうか?

サンコウホームでは、各工事はすべて専門の職人が行います。これは品質の向上・安全対策にもつながります。それでも事実上の価格は変わりません。

「良い工事を良い品質でより安全に」

外壁塗装リフォームはこちら
現場お見積もり・ご相談は無料!『外壁塗装のホームページを見た』とお伝え下さい 0120-35-6406 メールでのお問い合わせはこちら
このページのトップへ