京都での外壁塗装・屋根リフォームなど施工実績多数

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください!0120-35-6406 受付時間10:00~21:00
メールでのお問い合わせはこちら 24時間受付
現在の位置 : ホーム > 屋根リフォーム > 【地震に備えた屋根耐震リフォーム】軽量化・補強による地震に強い屋根

【地震に備えた屋根耐震リフォーム】軽量化・補強による地震に強い屋根

軽くて強い屋根に変更すれば、地震の影響を軽減できます!

1995年の阪神淡路大震災において、重い瓦屋根が原因となり、多くの木造住宅が倒壊したそうです。耐震補強をすることも大切ですが、屋根を変更することで地震対策を行うことができます。

■屋根の軽量化を行うのがポイント

あまり知られていませんが、軽くて強い屋根材に変更することによって、地震の影響を軽減させることができるのです。

屋根瓦の重さってどのくらいあるか知っていますか?

■30坪の住宅の場合

重量・耐震の図

屋根瓦は1坪約200kgの重量があります。30坪の住宅の総重量で計算すると、6tもの重量が家屋にかかっているのです。

それに比べ、金属屋根は約600kgと瓦屋根の10分の1の総重量となり、家屋にかかる負担も少なくなるのです。

屋根が重い場合、家屋全体の重心が高くなる

重い屋根と軽い屋根の揺れの比較

地震が起こった時の揺れは、家屋の重心の位置になります

屋根が重たいと、家屋の重心の位置が必然的に高くなってしまうため、不安定さが増し、揺れも大きくなってしまうのです。

また、実際の揺れでは家屋の先端になればなるほど遠心力が大きく働くため、屋根の重さの数十倍以上の力が加わります。

以上を踏まえると、屋根は軽ければ軽いほど、重心の位置が下がり、減震も期待できると言えます。

地震対策のためには、軽くて強い金属屋根が最適!瓦屋根との比較

金属屋根イメージ

一般的な住宅家屋で用いられる屋根材で一番軽いのは金属屋根で、屋根瓦の約10分の1という軽さです。金額屋根は、瓦のように一枚一枚屋根に積んでいるわけではないので、地震が起こっても落下する危険性がありませんし、強風で飛ばされるという心配もありませんので安心です。

金属屋根については、「見た目が安っぽい」「室内が暑い」、「雨が降ったらうるさい」など、ネガティブなイメージを持っている方もいらっしゃいますが、それはもう昔のことです。

■金属屋根の特徴

  • 遮熱塗料を添付している屋根もある
  • 消音性に優れている屋根もある
  • デザインは多彩で安っぽくはない
  • ガルバリウム鋼板から造られているため、さびに強い

瓦屋根のデメリットと金属屋根のメリットを理解し、耐震対策として、屋根の軽量化をオススメします。施工事例もご覧いただき、屋根耐震リフォームについてサンコウホームへご相談くださいませ。

屋根軽量化・耐震リフォーム 施工事例

京都市伏見区K様邸屋根

京都市伏見区K様邸

外壁塗装・屋根修繕1980万円
見た目の重厚感は瓦とほぼ変わらないのに、負担は約半分に。

詳細はこちら
京都市伏見区O様邸屋根

京都市伏見区O様邸

屋根葺き替え費用108万円
耐久性、重厚感は残し、軽量性、耐風性、防水性にも優れています。

詳細はこちら
京都市北区F様邸屋根

京都市北区F様邸

外壁塗装・屋根修繕196万円
屋根の形状がM字型の複雑なつくりで、ニチハの横暖ルーフαで施工。

詳細はこちら
屋根塗装施工事例はこちら 屋根葺き替え施工事例はこちら
現場お見積もり・ご相談は無料!『外壁塗装のホームページを見た』とお伝え下さい 0120-35-6406 メールでのお問い合わせはこちら
このページのトップへ