京都での外壁塗装・屋根リフォームなど施工実績多数

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください!0120-35-6406 受付時間10:00~21:00
メールでのお問い合わせはこちら 24時間受付
現在の位置 : ホーム > 外壁・屋根塗装の基礎知識

外壁・屋根塗装の基礎知識

症状で見る外壁塗装の注意点・屋根の素材を「ガルバリウム鋼板」に変えるメリット

投稿日:2017年11月21日(火)

この症状が出たら要注意?外壁塗装の注意点

外壁は家の中を快適に保つため、非常に重要な役割を持っています。そんな外壁をさらに守るのが、外壁の塗膜です。

塗膜が薄くなり、機能性が落ちる前にチェックしておくべき点とは一体何でしょう?

■外壁塗装は10年が塗り替え目安

外壁の塗膜はだいたいどんな塗料を使っても、10年ほどで劣化をしていきます。表面が粉を吹いたような状態になり、触った時に手に白い粉が付く。このような状態になれば塗替えを検討したほうが良いでしょう。

■塗膜が割れてきたら要注意!

さらに注意をしなくてはいけないのが、ペンキの塗膜にひび割れや剥がれが見えたとき。ここで放置をすると、外壁の下地が露出し、雨や風、湿気が侵食しはじめます。下地が侵食されると外壁自体が損なわれ、建物自体に傷みが生じることも。塗膜の割れを発見したら、なるべく早めに塗替えを検討しましょう。

■塗り替えの費用は?

塗り替えが必要かもしれない。でもいくらくらい?
費用はどれくらいなのか、やはり不安ですよね。

2階建てで100平方メートル程度ならば、足場代も含めて60~90万円程度でしょう。もちろん塗料の種類によっても変わってきます。塗料はアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などが主ですが、一般的にアクリルが一番安く、フッ素やシリコンがそれより高くなります。ただ、その分耐久性もよいので、業者の方と相談し、希望にあったものを選ぶようにしてください。

家族を守る大切な家。信頼できる業者さんに頼みたいですよね。
下地調査をしてくれるか。しっかり下塗りをしてくれるのか。上塗りはどれくらいしてくれる?工程は記録してくれるのか?
安心できて、頼りになる業者かどうか、しっかり見極めてください。

屋根の素材を変えるだけでスタイリッシュな家に生まれ変わる!

屋根の塗装は定期的に行わないと、色も褪せ、苔などが生えて美観が損なわれてしまいます。またそれだけではなく断熱性や湿度を防ぐなど、家を守る機能も低下していってしまうのです。

そこで家をしっかり守ってくれる「ガルバリウム鋼板」製の屋根に交換し、快適かつ見た目もきれいな我が家にしてみましょう!

■1.ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板は鋼板にアルミを含んだメッキを施した素材になります。金属製の屋根というと、サビが大敵になりますが、ガルバリウム鋼板はアルミと亜鉛のハイブリッドなので、アルミならではの、錆びにくいという特徴を持っています。

■2.ガルバリウム鋼板のメリット

ガルバリウム鋼板は非常に耐久性が高く、塗装も20年持つなど、メンテナンス費がかかりません。酸性雨にも強く劣化せずしっかりと家を守ります。そして軽量なので地震などの災害でも崩壊しにくいのです。断熱塗料を塗れば断熱性をもたせることもできます。

■3.デザイン性の豊富さも魅力

ガルバリウム鋼板はトタンなどよりも見た目にもスタイリッシュで、さらに豊富なデザインが揃っています。外壁との組み合わせ次第で、アメリカ西部風、北欧風、アジア風など様々なテイストを家に持たせることができるでしょう。

暖かい遮熱塗料と断熱塗料・クリアー塗装で塗りたての鮮やかさ

投稿日:2017年10月18日(水)

知ってましたか?塗料を変えるだけで室内の温度がこんなに変わるんです!

 

屋根や外壁の塗装時に、値段や色だけで塗料を選んでいませんか?実は塗料にもいろいろな機能性があり、遮熱塗料や断熱塗料を選ぶと、家の住居性を大きく高めることができるんです!

■1.遮熱塗料とは

遮熱塗料は降り注ぐ太陽光の赤外線を反射する性能を持った塗料のことを指します。赤外線を屋根の表面で反射すれば、屋根の温度の上昇を防ぎ、その結果外気の温度によって室内の温度が上昇するのを防ぐことができます。

夏の暑い日には遮熱塗料とそうでない塗料では、屋根の表面温度が20℃ぐらい変わってくることもあります。
室内の温度も3℃ぐらい変わってくるので、冷房の設定温度を下げる必要もなく、省エネ生活ができるのです。外壁も遮熱塗料を使えば、さらに効果的です。

■2.断熱塗料とは

遮熱塗料は夏野日光の赤外線を防いでくれますが、冬は特に機能性を持ちません。しかし断熱塗料は、外気の室内への伝達を防ぐ機能を持っています。

つまり夏は室内に高温が伝わるのを、冬も室内に低温が伝わるのを防ぐ効果があるのです。夏も冬も断熱塗料を使えば1年中快適に過ごせるでしょう。

さらにこれらの塗料を使えば、塗料の劣化も起きにくいので、結果として塗装をこまめにする必要もなくなって、大変経済的ですよ♪
見えない節約はこんなところから始まるんですね。

甦れ外壁!クリアー塗装でまるで塗りたての鮮やかさを再現

家の外観で最も目立つポイントといえばやはり外壁ですよね。きれいな新築の家も10年もすれば色がくすんできますし、見た目の問題だけにとどまらず、家を湿気や気温など外気から守ってくれる役割も持っています。

そんな外壁はできれば10年単位で塗装をして、機能面も色彩面でも満足できる状態にしておきたいですが、2階建て以上の戸建になると、どうしても数十万円、大きな家ならば百万円単位で費用がかかってしまうこともあり、なかなか定期的にやるのは家計的に難しい…。またお気に入りの外壁の色が変わってしまうので、あまり行いたくない。そんなご家庭もありますよね。

そこでご提案をしたいのが外壁へのクリアーな塗料でのコーティング処理です。

■クリアー塗装のメリット

  • 一般的に外壁に使われる素材である窯業サイディングであれば、その上からクリアーな塗料でコーティングをすることにより、紫外線のカットや変色、劣化などを防ぎ、サイディングの色彩や機能を保ったまま寿命を伸ばすことができます。
  • 一般的な外壁塗装よりも塗装に費やす時間も少なく、塗装も簡単なので早めにクリアー塗装を外壁に施しておけば、外壁の塗料も長持ちし経済的に機能性や色彩を保つことが可能になるのです。

せっかくの我が家はずっと新築同様にきれいな状態にしておきたいもの。そのために早め早めのクリアー塗装を検討してみてはいかがですか?

現場お見積もり・ご相談は無料!『外壁塗装のホームページを見た』とお伝え下さい 0120-35-6406 メールでのお問い合わせはこちら
このページのトップへ